富山県済生会高岡病院で見た認知症の現実

ここ数年、私の母は病院の入退院を繰り返しています。いくつもの病気を抱え、たくさんの薬を服用し、薬の副作用から新たな病気が発生する…まさに負の循環。加えて、やはり数年前から始まっていた「モノ忘れ」が急激に進行し、今朝の朝食はおろか、数分前に説明した事も覚えていられない。

また、言動が幼児化し「息子(私のこと)に迷惑を掛けたくない」という様子が一切無くなり、自分の要望優先、自分の気持ち優先…というか、他者の事を考えられない…という感じになってしまいました。こうなると、もう「認知症」であることを否定することはできません。身体も、頭も老化、そして精神は幼児化…。母には会社の休みのたびに面会に行きますが、少しずつ弱って行く母を見ると、週一回の面会が辛くなって来た今日この頃です。

でも、ある日、こんな事がありました。
いつも通り、平日の休みの日に母の入院する富山県済生会高岡病院に行くと、母の向かいに見掛けないおばあさんがベッドの上に座っていました。元よりベッドの入替え、入退院の頻度が多い病院。「先週いた人が今週はいなかった」などという事は日常茶飯事のため、それ程気にならなかったのですが、私が病室に入るとすぐに、そのおばあさんは私に言いました。

「アタシ、トイレに行きたいの。誰か呼んで来てくださる?」

母の認知症を目の当たりにしている昨今、その言葉を聞いた瞬間に私は悟りました。「素人の他人の私がまともに取り合うべきでない」…と。そして、申し訳ないと思ったのですが、病室を一旦出て、人を呼んだフリをして病室に戻りました。

そのおばあさんには「(人を)呼びましたから」と伝えて…

案の定、そのおばあさんは数分後に私とのことは忘れ、ナースコールを何度も押して「アタシ、トイレに行きたいの」と連呼していました。看護師さんらしき人が一度来て「さっき行ったばかりでしょ」と言うと納得するのですが、また数分後には「アタシ、トイレに…」と始まる。

私の母の認知症など、まだまだなのかも知れない。私の認知症に関する経験など甘いのかもしれない…。テレビの映像などではなく「現実」を目の当たりにして、そのように感じてしまいました。看護師さんは慣れたものなのでしょうが、大変だなと思います。看護師の転職率が高いのも仕方ないのかもしれませんね【看護師 求人 富山】
私も覚悟を決めて、認知症の母としっかり向き合っていこうとおもいます。

岐阜赤十字病院に行くか、町の小さな開業医に行くか・・・。

私もいろいろな病院にお世話になりました。眼科、皮膚科、整形外科、形成外科、内科、精神科、自分で分かっていることは小さな医院なら、CTがある、胃カメラがある、レントゲンがあるなど施設の設備を見て行くようにしています。ただ初診料2000円くらいとられても大病院に行ってもいいと思います。なんせ小さな医院でも初診料から診断料などもろもろ2000円程度かかってしまうからです。ただいつも行っている医院でいつも同じ薬をもらうなら小さな医院でも良いと思います。

薬局はなるべく病院内にある薬局が安いと聞いた事があります。次は病院近くの薬局、そしてドラックストアみたいな薬局のの順番で安さが変わってくるそうですが、まあ普通は病院近くの薬局にいきますね。なぜなら皮膚科に行って別の薬局に薬がない場合が考えられるからです。精神科に行ったとき喘息の薬をくださいと言ったら無いと言われたことがあるため、まあでも処方箋さえあればドラックストアみたいな薬局でもらえるのかな?なんか釈然としない薬局のシステム、お薬手帳とか正直いらない、あれで薬剤管理料だか50円くらい余分に取られているかと思うと正直ゲンナリします。
ただ私がかかりつけの調剤薬局の薬剤師さんはすごく勉強家で、薬剤師のお給料もそこから出ていると思うとしょうがないかな?とも思いますが・・・。
結構、岐阜市内でも薬剤師不足で募集は常にかかってるみたいですよ。

現在の岐阜赤十字病院とか大病院は非常にシステム化されていてびっくりしました。機械にカードを入れ予約表を受取、内科に行きそこでカードスキャンで表示画面に自分の診察番号が出るまで待つ、診察が終わったら料金支払い機にカードを入れ、料金を払う、するとお薬番号というものが出てきて薬局の前でその番号が出るまで待って薬を受け取る。非常に効率的で関心してしまう。ただ大病院は紹介状がないと受け入れてくれない科があり、まずは近くの医院にいって紹介状を貰って初めて受診できる科もある。その時は初診料は取られない。こうしてみるとみんな大病院に行きたいのかなと考えてしまう。それとジェネリックに関して言えば医師が決めるのか薬局が決めるのか分からない。今後、私は医師にジェネリックにして欲しいといつも言おうと心がけている。

いまどきのドラッグストアに感謝

いつからですかね、街中や駅の近くにチェーン店のドラッグストアがたくさん出来るようになったのは。昔は薬局と言えば小さな店舗で細々とやってるようなそんなイメージが勝手にあったんですけども。今は便利な場所に大きなドラッグストアがいくつもあって、しかも夜遅くまで開いてますよね。それがものすごく助かるんです。

先日、突然家族の両目が真っ赤っ赤になることがありまして、どう見てもただの充血やシャンプーが入ったような赤さではないんです。両眼がぶよぶよして、これはおかしいなんとかしないとと思ったときにはもう既に病院が閉まっている時間でした。ダメ元でいくつかの眼科に電話をかけてみましたが、どこも診療時間外で電話は全くつながりませんでした。かといってこのまま諦めて明日まで何もしないのも怖いしどうしようかと思ったとき、そうだ、大きなドラッグストアだったらまだこの時間でも開いてるはずだと思って、家から1番近くにあるドラッグストアに駆け込みました。

ありがたいことに夜の21時を回っていましたが、まだ営業していて薬剤師さんもお店におられました。目薬のコーナーに行って、一つ一つ目薬の箱をチェックして、症状に合うものがないか探していたところ薬剤師さんが何かお探しですかと声をかけてくださいました。家族の両眼が真っ赤っ赤になっているその症状を伝えたところ、 2種類の目薬を提案してくださいました。素人ではやっぱり解りません、薬剤師さんがお店にいて下さって本当に助かりました。

その薬剤師さんがおっしゃったのは、ご家族の方の症状をお伺いすると、やはり早急に眼科へいかれることが大切です、この目薬は今晩と明日の早朝の応急処置だと思ってください。必ずできるだけ早いうちに眼科を受診してくださいねと言ってくださいました、そう教えてくださったので、やはり素人判断で放置しておいてはいけない症状なのだなと言うことも確認できましたし、翌日眼科へ行き早期に回復していくことができました。

普段何もない時はこんなに遅くまでドラッグストアが空いていて利用する人なんているのかなぁと思ったりしていましたが、今となってはとってもありがたいところだなぁと思うようになりました。すっかりそのドラッグストアを贔屓にするようになった私ですが、意外にも薬剤師さんは転職される方が多いんだとか。私がお世話になった薬剤師さんも、こういったサイトを利用して転職をしているそうです。
⇒ 薬剤師求人|品川区で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】

色んな意味で今は便利な世の中ですね。

肺炎になってわかった事。

私が22歳の時に風邪を引いてなかなか治らず酷くなるので病院にいきました。診察室に入り、話をしてレントゲンをとりました。すると、肺炎になってます!血液検査しましょう!と言われました。私は注射がとても苦手で、気分が悪くなってきました。採血も終わり、明日検査結果が、出ます。と言われました。

次の日病院に行き結果を聞くと、貧血が酷いです!何処かから出血してるかもしれない!と言われ、エコー検査をしました。何も見つからず、後日胃カメラを飲む事になりました。胃カメラなんて飲んだ事なく、恐怖心しかありませんでした。すると、点滴をしているうちに寝てしまう薬で寝ているうちに終わります。と言われました。
点滴だけなら我慢出来る!と余ったのですが、いざやってみると、苦しさで所々目が覚めました。やっとの事で終わると、まだ体に力が入らず立つ事が出来ませんでした。2時間くらいしてやっと家に帰れるようになりました。2日後に検査結果を聞きに行くと、肺炎は治っていました。胃カメラの、結果は何処からも出血していませんでした。

ただ本当に貧血のひどい人でした。その時の胃カメラでピロリ菌がいる事がわかりました。その治療薬がとてもキツく、妊娠していませんか?と書かれ大丈夫です。と答えたのですが、その時生理予定日の3日前だったのですが、何となく妊娠検査薬を使ってみました。すると、赤ちゃんが出来ていました。薬を飲む前で良かったとホッとしました。その後から嬉しさがこみ上げてきてすぐに主人に報告しました。

ですが、胃カメラ飲んだりしていたので気になり次の日病院に行き、胃カメラの事や肺炎の事を話しました。すると、まだ気にするほどではないと言われ、心の底からホッとしました。

風邪から肺炎、貧血、ピロリ菌、赤ちゃん、目まぐるしく色々な事があって忙しい二週間の出来事でした。何年分かの出来事がギュッと詰まった二週間でした。
最後がとても嬉しい事でとても幸せな気分でした。

そんな私、子供が大きくなったので一念発起して看護師として働いています。あの時は注射も苦手だったのに、今では患者さんに何本も注射を打っています(笑)

そんな私が今の職場に就職するときに利用したサイトをご紹介しておきますね。とても参考になりますよ!
⇒ 看護師求人|尼崎市で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】

これって名古屋では普通?派遣看護師さんのアドバイス!

こないだ、出張で名古屋に行きました。
急に具合が悪くなり、内科で診てもらい、門前薬局にかかりました。そこで「お薬手帳はありますか?」と聞かれました。
お薬手帳は、それがあることで他の調剤薬局を利用しても重い副作用が出るような薬の組み合わせや、同じ効果の薬が複数処方されるという自体を防ぐことができる重要なものです。
きちんとそれを利用してもらうために、お薬手帳を持っていないとわずかながらも代金が高くなる、ということを知らない人も多いかもしれません。

もちろん、そのような大切なメリットがあるお薬手帳ですので、持ち歩くに越したことはないのですが実際に調剤薬局に行ってみるとお薬手帳を忘れる方や、持ってくる気がない方もいるようです。その場合でも処方箋に従った処方は問題なく受けることができるのですが、念のために「このような効果の薬は飲んでいないか」という確認は、手帳の有無に関係なく聞かれることがあります。
安心のために重要な役割を持っているとお薬手帳ですが、これが返って調剤薬局を選びにくくなるという特徴も持っています。

新しく調剤薬局へ行く場合にはどこへ行ったとしても名前、住所、電話番号などの情報を提供してその調剤薬局へ登録する必要があります。厳密に登録、という言葉を使用している訳ではなく、連絡が必要になった時や履歴管理などの事務処理に必要なのだと思われますし、同じ調剤薬局を利用するよう「かかりつけ薬局」が推奨されているようです。
と、ここで疑問があります。

お薬手帳は薬の履歴を管理できるものなのに、かかりつけ薬局を利用してそこで履歴を残しているのなら、手帳の意味はあるのでしょうか。

もちろん、突然の事故に巻き込まれてしまった時や、旅先で病院にかかる、ということがあればその時に活躍すると思いますが、これに関しては常に持ち歩いていたり、旅行の時に持っていかなければ意味がありません。それをきちんとしている人はどのくらいいるのでしょうか。

それらを気にせず、様々な調剤薬局を利用し、お薬手帳に記録して行くというのも有効ではあるのですが、やはりそれぞれの調剤薬局で他の薬局で何を処方されたのかの確認が必要になりますし、複数の病院にかかっているからと行ってなかなか病院の近くの調剤薬局で…と毎回変えるのは確認時間がかかることなどからもあまりお勧めできません。

細かいことを気にせず臨機応変に、というのもありだとは思いますが、自分の健康を守るためにもお薬手帳は持ち歩き、いつ何時病院にかかることになっても大丈夫、という状態にしておくことで、生存率は向上するのかもしれませんね。
翌々日、出張から帰る直前にもう一度内科にかかったときに、派遣看護師さんにこの薬局でのお薬手帳のこと聞いてみました。
そしたら「あら、やっぱりお薬手帳役に立つじゃないの!」と言われました。
自分でも「う~ん、そうかな~」とまだ納得いきません。ちなみにこの看護師さんは看護師派遣名古屋ではこの会社がいいよ~と話してました。

落ち込んでいたときにやってきたおいしい贈り物


最近、ちょっと落ち込むことがありました。
なんだかいいことないな、と気分が沈み込んでいたときに、遠くに引っ越していった友達から荷物が届きました。

細長い箱で、いったい中は何なんだろうと首をかしげながらふたを開けると、そこに入ってたのはなんとネギ!
立派な太くておいしそうなネギだったのです。
中に添えられていた手紙には、友達からの気持ちがこもった言葉が並んでいました。
どうやら、今現在友達が住んでいるところはネギの産地なのだそうです。
引っ越しして産直市場をのぞいたら、立派なネギがたくさん安く並んでいたのだとか。
それをまずは友達自身で買ってきて、家で焼いて食べてみたら本当においしかったのだそうです。
これを一人で食べているのはもったいない気がして、ふと思いついて私にネギを送ってくれたのだということが書かれていました。
箱の中には、産直市場でもらったというネギの食べ方について書かれた紙も同封されてありました。

私は実はネギが特別好きというわけではありません。
どちらかというとあまり食べないほうかもしれないです。
だけど、この友達の気持ちがすごく嬉しくって、ネギくさい箱も宝物箱のように思えてしまいました。
ここのところ、ちょっとついてないことばかりで落ち込んでいたところでもあったので、なおさら友達の気持ちが涙が出るほどうれしいものでした。

さっそく、ネギを紙に書かれたとおりに焼いて食べてみました。
そうしたら、中はトロトロで甘くて、本当においしかったのです。
ネギに対する見方が変わるぐらいのおいしさでした。
ネギにぴったり合うというポン酢も添えられていたので、それをかけて食べました。
これは人に教えたくなるような味だわ、としみじみ実感しながら味わって食べました。

今度は、友達にこちらのおいしいものを何か送りたいなと思っています。
何がいいかな、何だったら喜んでもらえるかな、そんなことをいろいろと考えているとだんだん元気にもなってきました。
友達のおかげです。